以前にリディアンスケールとリディアン#5スケールについて解説していますが、あと1つ覚えて欲しいのが「リディアン♭7スケール(リディアン7thスケール)です。

読み方はどちらでも良いですが、比較的リディアンセブンススケール(リディアン7thスケール)で覚えられている方が多い印象です。

それでは、今回は更に少し派生したリディアン♭7スケールについて、解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

リディアン♭7スケールとは?

まず、リディアンスケールとリディアン#5スケールについて把握されていない方はこちらをご覧ください!

↓リディアンスケールはこちら↓

↓リディアン#5スケールはこちら↓

最低でもリディアンスケールに関してはしっかり覚える必要があるので、そちらは参照にしてください。

復習もかねてCリディアンで解説すると、リディアンスケールは以下のようになりましたね。

下図:Cリディアンスケール

C D E F# G A B C
ファ#

そして今回覚えるのが赤文字部分が変更されたこちらです。

下図:Cリディアン♭7スケール(リディアン7thスケール)

C D E F# G A B♭ C
ファ# シ♭

♭7の名前の通り、第7音目が♭されることによってリディアン♭7スケールが完成します。

それ以外の部分はリディアンスケールのままなので非常に覚えやすいスケールの部類に入ります。

メジャースケールの第4音を#、第7音を♭と覚えても良いのですが、それならリディアンスケールを覚える方が今後のためになると言えます。

ドミナント7コードではリディアン♭7スケール(リディアン7thスケール)を使用した方が良いと、推奨する本も多いので、比較的多めに練習しておくと実践に移しやすいです。

リディアン♭7スケール全キー表

ここでも他記事同様、リディアン♭7スケールを全キー解説しているので、いつでも不安な部分など見直しながら覚えていただけます。

[Cリディアン♭7スケール(C Lydian♭7 Scale)]Cリディアン♭7スケール[C#リディアン♭7スケール(C# Lydian♭7 Scale)]C#リディアン♭7スケール[D♭リディアン♭7スケール(D♭ Lydian♭7 Scale)]D♭リディアン♭7スケール[Dリディアン♭7スケール(D Lydian♭7 Scale)]Dリディアン♭7スケール[E♭リディアン♭7スケール(E♭ Lydian♭7 Scale)]E♭リディアン♭7スケール[Eリディアン♭7スケール(E Lydian♭7 Scale)]Eリディアン♭7スケール[Fリディアン♭7スケール(F Lydian♭7 Scale)]Fリディアン♭7スケール[F#リディアン♭7スケール(F# Lydian♭7 Scale)]F#リディアン♭7スケール[G♭リディアン♭7スケール(G♭ Lydian♭7 Scale)]G♭リディアン♭7スケール[Gリディアン♭7スケール(G Lydian♭7 Scale)]Gリディアン♭7スケール[G#リディアン♭7スケール(G# Lydian♭7 Scale)]G#リディアン♭7スケール[A♭リディアン♭7スケール(A♭ Lydian♭7 Scale)]A♭リディアン♭7スケール[Aリディアン♭7スケール(A Lydian♭7♭7 Scale)]Aリディアン♭7スケール[B♭リディアン♭7スケール(B♭ Lydian♭7 Scale)]B♭リディアン♭7スケール[Bリディアン♭7スケール(B Lydian♭7 Scale)]Bリディアン♭7スケール

リディアン♭7スケールにアボイドノートは無い!

リディアン同様リディアン♭7スケールにもアボイドノートはありません。

リディアンスケールをしっかりと覚えておくことで、7音目をフラットさせるだけですぐに使えるスケールなので、是非とも習得していただきたい音階です。

リディアン♭7スケールは使用頻度も高めなので、この機会に覚えて実践演奏にチャレンジしてみてください!