エオリアンスケールとは?全キー解説付き![音楽理論-AeolianScale]

エオリアンスケール

「エオリアンスケール」とは何か知っていますか?

名前は知っているけれど、実際わからない。スケールもわかるけれどどう使っていいか使い方がわからない。という場合もあるでしょう。

前回リディアンスケールについて解説しているので、併せて覚えることをおすすめします。

リディアンスケールの記事はこちら
[blogcard url=”https://hiryu-music-square.com/music-theory/scale/lydian-scale/”]

今回は「エオリアンスケール(AeolianScale)」に絞って使い方と全キーのスケールを解説していきます。

目次

エオリアンスケールとは?

まず最初に、エオリアンスケールとは何なのか。

簡単に説明するとエオリアンスケールは一般的な短音階と言われる

  • マイナースケール
  • ナチュラルマイナースケール

のことです。

また別の考え方では、アイオニアンスケール

・3度
・6度
・7度

をフラットさせたスケールです。

マイナーセブンスコードの構成音に、
・長2度(9th)
・完全4度(11th)
・短6度(♭13th)

を加えたスケールとも解釈できます。

モードスケールの中でも覚えやすい部類なので、是非とも習得していただきたいスケールの1つです!

以上を踏まえてCエオリアンスケールを解説します。

以下:Cエオリアンスケール

C D E♭ F G A♭ B♭ C
ミ♭ ファ ラ♭ シ♭

となります。

全く短音階と同じなので、非常にシンプルなスケールとなっています。
次の見出しにて全キー解説しているので、いつでも見直してこの機会に是非とも12キー覚えて使用していただければ幸いです!

エオリアンスケール全キー表

実際にエオリアンスケールを全ての調でまとめているので、参考にしてください。

[Cエオリアンスケール(C Aeolian Scale)]
C Aeolian(Natural Minor)
[C#エオリアンスケール(C# Aeolian Scale)]
C# Aeolian(Natural Minor)[D♭エオリアンスケール(D♭ Aeolian Scale)]
D♭ Aeolian(Natural Minor)[Dエオリアンスケール(D Aeolian Scale)]
D Aeolian(Natural Minor)[E♭エオリアンスケール(E♭ Aeolian Scale)]
E♭ Aeolian(Natural Minor)[Eエオリアンスケール(E Aeolian Scale)]
E Aeolian(Natural Minor)[Fエオリアンスケール(F Aeolian Scale)]
F Aeolian(Natural Minor)[F#エオリアンスケール(F# Aeolian Scale)]
F# Aeolian(Natural Minor)

[G♭エオリアンスケール(G♭ Aeolian Scale)]
G♭ Aeolian(Natural Minor)[Gエオリアンスケール(G Aeolian Scale)]
G Aeolian(Natural Minor)[G#エオリアンスケール(G# Aeolian Scale)]G# Aeolian(Natural Minor)

[A♭エオリアンスケール(A♭ Aeolian Scale)]
A♭ Aeolian(Natural Minor)

[Aエオリアンスケール(A Aeolian Scale)]A Aeolian(Natural Minor)
[B♭エオリアンスケール(B♭ Aeolian Scale)]
B♭ Aeolian(Natural Minor)[Bエオリアンスケール(B Aeolian Scale)]
B Aeolian(Natural Minor)

エオリアンスケールにアボイド(アヴォイド)ノートは有る!

エオリアンスケールにはアボイドノート(アヴォイドノート)は存在します。
それはm6の音です。

そのため、多用しすぎたりは避けましょう!(調性感を損なわないためにも)

よかったらシェアしてね♪
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる