ロクリアンスケールとは?全キー解説付き![音楽理論-LocrianScale]

教会旋法などを学んでいる方は、聞いたことがあるかもしれないスケール「ロクリアンスケール」。

他のモードスケールのような使い方はせず、やや怪しめの雰囲気を出してくるロクリアンスケールについて、この記事で解説していきます。

目次

ロクリアンスケールとは?

まず、ロクリアンスケールとはどういう構成で出来ているかについて解説しましょう。

ロクリアンスケールはメジャースケールの第7音目から並べ直したスケールのことで、簡単に見つけることができます。

それは「半音上のメジャースケール」です。

例えばCロクリアンスケールで解説しましょう。

C音が第7音目にくるメジャースケールは下記のD♭(C#)メジャースケールになります。

下図:D♭メジャースケール

D♭ E♭ F G♭ A♭ B♭ C D♭
レ♭ ミ♭ ファ ソ♭ ラ♭ シ♭ レ♭

赤文字の部分が第7音目にあたるのがわかりますね。

ではそこから並べ直してみましょう。すると下図のようになります。

下図:Cロクリアンスケール

C D♭ E♭ F G♭ A♭ B♭ C
レ♭ ミ♭ ファ ソ♭ ラ♭ シ♭

これがロクリアンスケールです。

つまりロクリアンスケールは半音上のメジャースケールさえすぐに思いつけば、簡単に弾くことができます。

使用される場所は「マイナーセブンス♭5(m7♭5)」で使用されます。
マイナースケール系は敬遠しがちな人も多いので、この際に習得していただければと思います!

ロクリアンスケール全キー表

ここではロクリアンスケールを全キーで解説しています。

いつでも確認に見直しに来て、しっかりと弾けるように習得してください!

[Cロクリアンスケール(C Locrian Scale)]Cロクリアンスケール[C#ロクリアンスケール(C# Locrian Scale)]C#ロクリアンスケール[D♭ロクリアンスケール(D♭ Locrian Scale)]D♭ロクリアンスケール[Dロクリアンスケール(D Locrian Scale)]Dロクリアンスケール[E♭ロクリアンスケール(E♭ Locrian Scale)]E♭ロクリアンスケール

[Eロクリアンスケール(E Locrian Scale)]

Eロクリアンスケール

[Fロクリアンスケール(F Locrian Scale)]

Fロクリアンスケール

[F#ロクリアンスケール(F# Locrian Scale)]F#ロクリアンスケール[G♭ロクリアンスケール(G♭ Locrian Scale)]G♭ロクリアンスケール[Gロクリアンスケール(G Locrian Scale)]Gロクリアンスケール[G#ロクリアンスケール(G# Locrian Scale)]G#ロクリアンスケール[A♭ロクリアンスケール(A♭ Locrian Scale)]A♭ロクリアンスケール[Aロクリアンスケール(A Locrian Scale)]Aロクリアンスケール[B♭ロクリアンスケール(B♭ Locrian Scale)]B♭ロクリアンスケール[Bロクリアンスケール(B Locrian Scale)]Bロクリアンスケール

ロクリアンスケールにアヴォイドノート(アボイドノート)は有る!

ロクリアンスケールでは第2音がアボイドノートにあたります。

なのでCロクリアンの場合はD♭がアボイドノートになります。

 

半音上のメジャースケールという風に、ロクリアンスケールは比較的覚えやすいスケールなので、すぐにマスターできるでしょう。
この機会に是非とも覚えて、どしどし活用してください!

よかったらシェアしてね♪
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる