フリジアンスケールとは?全キー解説付き![音楽理論-PhrygianScale]

モードジャズ以降の新しめのジャズを勉強中の方は、覚えにくいこのスケールをご存知ですか?

今回解説するのは「フリジアンスケール(PhrygianScale)」です。

簡単な覚えかたから、全キー表をつけていつでも見れるようにしておくので、しっかりとこの機会に覚えていってください。

それでは進んでいきましょう!

目次

フリジアンスケールとは?

まず、フリジアンスケートはどういう構成なのか。

「半・全・全・全・半・全・全」で構成されているスケールで「1・2・2・2・1・2・2」で覚えても大丈夫です。

上記のような覚えかたが難しいという方が殆どなので、下記の覚えかたを実践習得しましょう!

フリジアンスケールの覚えかた!Part-1

まず最初にフリジアンスケールの覚えかたとして、一番オーソドックスなものを紹介します。

それは、「長3度下」または「短6度上」の音から始まるメジャースケールです。

表で解説しましょう。Cの長3度下(短6度上)は「A♭」です。

下図:A♭メジャースケール

A♭ B♭ C D♭ E♭ F G A♭
ラ♭ シ♭ レ♭ ミ♭ ファ ラ♭

となります。

この赤文字部分のCからスタートさせることで、フリジアンスケールが出来上がります。

下図:Cフリジアンスケール

C D♭ E♭ F G A♭ B♭ C
レ♭ ミ♭ ファ ラ♭ シ♭  ド

これがフリジアンスケールです。並びも「半・全・全・全・半・全・全」となってますね。

メジャースケールを網羅していると非常に覚えやすい方法ではあるので、まずはこの方法で覚えられるのがスムーズと言えます。

フリジアンスケールの覚えかた!Part-2

次に覚える方法は「リディアンスケール」をマスターしている方に限った覚えかたです。

フリジアンスケールの覚えかた=半音上のリディアンスケールです。

これを実践するにはリディアンスケールをそもそも覚えていないといけないので、リディアンスケールをまだ習得していない人はこちらを参考にしてください!

[blogcard url=”https://hiryu-music-square.com/lydian-scale/”]

Cにとって半音上のリディアンスケールはD♭リディアンスケールになります。

下図:D♭リディアンスケール

D♭ E♭ F G A♭ B♭ C D♭
レ♭ ミ♭ ファ ラ♭ シ♭ C レ♭

上図の赤文字部分からスタートさせることで、Cフリジアンスケールが完成します。

下図:Cフリジアンスケール

C D♭ E♭ F G A♭ B♭ C
レ♭ ミ♭ ファ ラ♭ シ♭  ド

Part1とPart2どちらでも覚えられれば問題ありませんが、メジャースケールがすぐに頭に浮かぶ人はPart1を、リディアンスケールがすぐに頭に浮かぶ方はPart2の覚えかたで覚えましょう!

フリジアンスケール全キー表

実際にフリジアンスケールを全キーでまとめ上げているので、いつでも参考にどうぞ!

[Cフリジアンスケール(C Phrygian Scale)]
[C#フリジアンスケール(C# Phrygian Scale)]
[D♭フリジアンスケール(D♭ Phrygian Scale)]
[Dフリジアンスケール(D Phrygian Scale)]
[E♭フリジアンスケール(E♭ Phrygian Scale)]
[Eフリジアンスケール(E Phrygian Scale)]
[Fフリジアンスケール(F Phrygian Scale)]
[F#フリジアンスケール(F# Phrygian Scale)]
[G♭フリジアンスケール(G♭ Phrygian Scale)]
[Gフリジアンスケール(G Phrygian Scale)]
[G#フリジアンスケール(G# Phrygian Scale)]
[A♭フリジアンスケール(A♭ Phrygian Scale)]
[Aフリジアンスケール(A Phrygian Scale)]
[B♭フリジアンスケール(B♭ Phrygian Scale)]
[Bフリジアンスケール(B Phrygian Scale)]

フリジアンスケールにアボイド(アヴォイド)ノートは無い!

フリジアンスケールのアボイドノート(アヴォイドノート)ですが、フリジアンスケールはⅢm7に使われるコードスケールで、

  • 「♭9th(短2度)」
  • 「♭13th(短6度)」

の2つがアボイドノート(アヴォイドノート)に当たります。

これらは調性内のコードスケールとして見た話なので、注意が必要です。

また、使い道としてはⅢm7だけでなく、phyrg,(sus♭9)といったコードでも使えるので覚えておきましょう。

一番の本領発揮はphyrg,(sus♭9)の際にフリジアンスケールが活かされるので、是非とも覚えておきたいスケールと言えるでしょう。

少し覚えにくいスケールではありますが、覚えておいて損はないのでこの機会にマスターしておくことをおすすめします!

よかったらシェアしてね♪
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる